風景と地域づくりの
出会いと発見DIARY
景観研究室は、プロジェクトや研究を通じて、九州各地の風景・地域づくりに取り組んでいます。地域の人達と未来を語り合う、デザインについて現場で喧々諤々議論する、素敵な風景や食文化を見つける、地域の人達との長いお付き合いが始まる…風景・地域づくりの中で、たくさんの出会いや発見、感動が生まれる毎日。そんな景観研究室の日常を、その時々の現役学生の目を通して、お伝えしていきます。
June 9, 2014
ドボコレ2014 in松山 開催! 【ドボコレ/鮫島・松浦】

 

初めまして。今年景観研究室に配属された、4年生の鮫島と松浦です。

 

今回のブログは二人で書いていきたいと思います。

 

 

5月の17日から20日までの4日間、愛媛県松山市の大街道で

 

ドボクコレクション2014、通称ドボコレの展示がありました。
ドボコレは、土木学会100周年を記念して全国で行われる、市民交流事業の一つです。

 

私たち二人もスタッフとして参加しました。

 

 

入り口を飾っているのはこの前のブログで紹介した「キューブ」です。

 

遠くからでも人目につく黄色(先生はドボクイエローとおっしゃっていました)が、

 

ばっちりとドボコレをアピールしてくれています。

 

 

来場者へのアンケートとお礼のクリアファイルもしっかりと準備しました。

 

いよいよ開場です!

 

早速パネルの展示に足を止めてくださる人がちらほら。

 

「大きなパネルがあるけど、これ何だろう?」

 

という感じで見ている人に早速アンケートをお願いしていきます。

私には土木なんてわからんのよー」なんて言いつつも協力して頂けました。

土木専攻の学生からたまたま近くを通ったご家族まで、

いろいろな方々に協力していただいて好調な滑り出しです。

 

 

時間が経つにつれて、来場者が多くなってきました。

 

アンケートも順調に集まっていきます。

 

 

 

子供を連れられた方も多く、同時開催の「どぼくフェスタ」も盛り上がっています。

 

風船や塗り絵などで遊ぶ合間に、土木についてもちょっと知って貰えたのではないでしょうか。

 

 

日曜日。徐々に人が減り始める夕方になると、

 

いよいよ今回の松山展示の目玉になる、どぼくカフェの開催です!

 

 

 

内容としては「道」についてのお話でした。

 

日本中にあるちょっと変わった標識や、廃道についてスライドを交えてお話しされていました。それほど詳しくない私たちをはじめ、会場のお客さんにも楽しんで頂けたと思います。

 

 

会場のレイアウトは、人が自由に座ったり離れたりできるよう解放的にとりました。

 

あらゆる世代の方が続々と座って行かれて、あっという間に席が埋まりました。

 

終わってからも「楽しかった」という声があちこちで挙がっていました。

 

 

――という感じで四日間のドボコレin松山は無事に終了しました。

 

多くの方に土木について少しでも親しみを持って頂けたらよかったと思います。

 

私たちも今回のドボコレが、研究室のメンバーとして初めての仕事だったので、

 

右も左も分からず、困惑もありましたが、その分成長にもつながったと思います。

 

また仕事をする中で先生や、他のスタッフの方に本当に助けて貰いました。

 

 

次回、景観研がスタッフとして参加するのはドボコレin福岡です。

 

お楽しみに!

 

May 29, 2014
樋口先生宅パーティー 2014

5月3日の午後、樋口先生宅でパーティーが行われました。

今回のパーティーは、
今年度新設された決断科学大学院の専任教員になられた高尾先生の送り出し会も兼ねています。
今回は河川研究室の島谷先生をはじめ、OBの先輩方が20名近くの方が参加されました。

昨年のメインディッシュはフォカッチャでしたが、

今年はピザ、ミートパイ、スモークフィッシュです。

高尾家の子供達も元気一杯でした!

日が落ちてゆくにつれて、パーティーも賑やかになっていきます。
「かーんぱーい、いま君は人生の大きな大きな門出にたーちー♪」どこからか懐かしい歌が聞こえてきました。
樋口先生、石橋さん、竹林さんのギターセッションです。

普段のデスクワークをしている樋口先生とは違って、
今日は筋トレやギターセッションをする普段とは違った樋口先生を垣間見えました。
おいしい料理を作って下さったウォンミンさん、ありがとうございました。
OBの先輩方、またお会いできるのを楽しみにしています。
ありがとうございました。

May 27, 2014
甘夏狩り 2014【行事/鍜治】

5月3日の午前、毎年恒例、小野さんの果樹園にて甘夏狩りを行いました。
今年もこの2本の木になった甘夏を狩ります。

今年の学生参加者は行徳、鍜治の2人でしたので、
1人1本とそれぞれ担当を決めて狩りました。

地上から届かない所になっている甘夏は、
脚立を使ったり、直接木によじ登ったりとあの手、この手を使って狩っていきます。

木に登ると枝が折れてしまうのはないかと思ったりもしましたが、
予想以上に枝は頑丈のようで、しなるぐらいで折れることはありません。

作業開始から約2時間後・・・
木2本一杯になっていた甘夏を収穫し終えました。
体はクタクタでしたが、これから自分たちが収穫した甘夏を食べられると思うと心は充実感で一杯でした。
甘夏狩りには昨年も参加したので、その経験を生かして効率よく狩ることができたと思います。
コンテナ箱にして、10箱近くの甘夏を収穫ができました。

上の写真の真ん中の方が小野さんです。

たった2時間の収穫作業で私の体はクタクタになりましたが、
収穫時期には毎日のようにこの作業をやられている農家さんの苦労を感じると同時に
日頃から”食材”に感謝しつつ、味わっていこうと改めて思いました。

景観研メンバーのみなさん、
来年はみんなで一緒にやりましょう!

この日の午後は樋口先生宅でのパーティーです。

May 19, 2014
土木コレクション展示キューブが完成!! 【ドボコレ/裴】


先週の週末は愛媛・松山で土木コレクション(ドボコレ)の展示が行われました。
日本の土木について特に意識した事が無かったり、
負のイメージを持っている一般の方々に、
普段なかなか見る事のできない
土木の図面や写真を
洗練されたスタイリッシュなデザインによって大公開。
「ドボクってこういうことをやってるんだー」
とか
「ドボクってかっこいいなぁ」
なんてことを一人でも多くの方に思ってもらえることを目指しています。
さて、そのドボコレの展示会場により多くの方に足を運んでもらう為に作った
九大景観研手作り「キューブ」。
OBの佐藤さんがデザインしたドボコレのポスターに、
樋口先生が執筆した「ドボクってなんだろう?」の紹介文を添えて、
キューブを重ねた造形をイントロダクションとして会場に設置することにしました。
非常に「かっこいい」仕上がりになってます(笑)。
黄色と黒の組み合わせは、工事現場の標識で良く見かける配色になっていたり、
「土木」という堅く感じてしまう言葉をカタカナ語「ドボク」で柔らかくしたりと、
工夫もしっかり施されています。
今更写真を見て気付いたのですが、
当時製作・組み立てを手伝っていた学生は全員研究室配属が1年もない新メンバーばかりでした!
(ほぼ2年目突入の僕が一番長いというのは感慨深いものです。)
ほぼみんな初写真なので簡単に紹介させてもらいますと、
健康的な肌色をしているのが我が研究室のサーファーガール、韓国からいらしたユニ姉さん!
前列で清楚感を150%程(当社比)出しているのは今月研究室配属が決まったばかりのハルコ(本名、中国人)。
そして今回の松山展示でキューブの護送及び現場でのアンケート調査を担当するのは実家が松山の松浦くん(眼鏡、目が大きい方の)、超絶イケメンの鮫島くん(松浦くんの前)。
二人とも今年度新しく研究室に配属された4年生です!
新メンバーが書くブログは、近いうちにお目にかかることになるでしょう!

April 1, 2014
H25年度研究室卒業パーティー【行事/行徳】

卒業シーズン。今年度も研究室から1人の学生が社会に旅立ちます。
今夜の主役は、平野哲也さんです。

B4の時は、筑後川の水神詞をテーマに卒業研究として取り組み、
M1の時は、1人で唐津の救命浮環のプロジェクトに取り組み、(自分は力になれませんでした。)
M2の時は、筑後川に通い続け、古老に会い、壮大な物語を修士論文として書き上げました。
先生から「平野さんは研究室に入ってから成長した。」という話がありましたが、愚直に物事を進める平野さんはM2の時に本当に頼りがいのある先輩でした。
個人的には、M1という立場で悩んでいる自分の話を色々と聞いてもらい、とても助けられました。

研究室メンバーからは、毎年恒例?となりつつあるヘルメットとアルバムを送らせてもらいました。
アルバムには、OBの方々にも声をかけ多くのメッセージ入り写真を載せています。

4年生の卒業祝いも一緒に行いました。
これからは、河津、鍜治もM1として研究室を引っ張る立場です。

最後は、平野さんから研究室の振り返りと、これから大分県庁で働く抱負を語ってしめてもらいました。
研究室の卒業パーティーには、OBの方々も駆けつけていただきありがとうございました。
これからは自分たちがM2、M1として研究室を引っ張っていけるように、平野さんのバトンを受けっとて頑張っていきたいです。
平野さん、お世話になりました。研究室にいつでも顔だしに来てください!

ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE