風景と地域づくりの
出会いと発見DIARY
景観研究室は、プロジェクトや研究を通じて、九州各地の風景・地域づくりに取り組んでいます。地域の人達と未来を語り合う、デザインについて現場で喧々諤々議論する、素敵な風景や食文化を見つける、地域の人達との長いお付き合いが始まる…風景・地域づくりの中で、たくさんの出会いや発見、感動が生まれる毎日。そんな景観研究室の日常を、その時々の現役学生の目を通して、お伝えしていきます。
June 28, 2008
筑後川打合せ【筑後川/筒井】

6月11日(水)
第10回懇談会(くるめウス周辺環境整備懇談会)事前協議@くるめウス
雨の降る中今年度の懇談会に向けて,河川事務所,コンサルタント,九大の三者で事前打合せが行われました.
これまでの懇談会での意見を踏まえ,事務局案としての模型をつくろうというものです.
懇談会では利用方法や整備案についてかなり具体的な話も出てきましたが,管理している部署が出席していないため自分たちの案が実現可能なのかわからないといった懇談会側の意見があるほかに,事務局としても利用だけでなく環境などの抜けている視点がないか,懇談会での案を実現性のあるものにするならばどういった案が考えられるのかといった課題が残っていました.
まずは全員でこれまでの懇談会で話し合われた内容を復習します.

その後は模型をつくっていきます.
どういった案にするかの方針が決まってからはあっという間に模型ができあがっていきます.
模型をつくりながら,ああだこうだと議論が繰り返されます.
何時間もかけて準備した模型もわずか2時間たらずでずたずたです.
この模型の中にはこれまでの意見をもとに事務局なりの「こんな川になったらいいな」がたくさん盛り込まれています.

次の懇談会ではこの模型を囲んで参加者の方々や事務局の間でああでもないこうでもないという議論が行われる予定です.

June 5, 2008
海軍カレー【佐世保/牛房】

どうも、初投稿です。B4牛房です。
6月に入りもうじき梅雨入り。
ジメジメするのは嫌ですね・・・研究室も蒸し暑くならないように換気が大切です。うん。
そんな中、5月最後の金曜日・30日に宮崎さん、B4の荒巻くん、牛房で佐世保へ行ってきました。
今日は、スタジオ関係ではなく、四ヶ町商店街協同組合の理事長・竹本さんのお誘いで「海軍カレー」を食べにです!!
(本来の目的は宮崎さんのシャレットの打ち合わせですが・・・)
出発時間が遅れ、軽の荒巻号(愛称サリーちゃん)で飛ばして2時間。集合2分前に着くというギリセーフな感じで到着!
そして、向こうの方の車に乗って連れて行ってもらったのが・・・

そうです!SSKです!佐世保重工業です!!
テンション上がりまくりです!
佐世保に携わりだしてまだ一ヶ月そこらですがホント幸せです!
ちなみにSSK=Sasebo Sempaku Kogyoの略で
佐世保重工業の前身・佐世保船舶工業からきてるとかきてないとか・・・


200TONって・・・
そして海自の皆さんと待ちに待った海軍カレー!!

ヤバイっす!ウマイっす!
キウィがカワイイっす!!
そして、コーヒーカップにも・・・こだわってますね!

その後、海自護衛艦・あさゆきがドックに入っているところを見せてもらって
(残念ながら写真NGでした。)
SSKを後にしました。
まち歩きをしたときのオフショット


ご満悦な荒巻氏。
これは『Stamina本舗 Kaya』ってとこのさせぼバーガーです!

宮崎さん、ごちそうさまでした!
そして、荒巻くん、運転お疲れ様でした!! 甘TT~

June 3, 2008
今週の土木in牛深 【渡邉】

こんにちは。
M1になりました、渡邉です。
5月17日、18日に研究室のみなさんと熊大のみなさんと牛深に行ってまいりました!
といっても、牛深だけではなく・・・
山鹿(八千代座など)、熊本城、天草の大江天主堂・崎津天主堂、牛深(ハイヤ大橋、うしぶか海彩館)
と二日間、がっつり盛り込んで行ってきました。
【1日目】
午前中に、山鹿へ。
山鹿は八千代座を含め、街並みの保存や改修の努力を積み重ね、
評価を受けているところです。
八千代座のガイドのお姉さん?もパワフルで、こういう人たちの明るい人柄がまちの元気につながっているのかなぁ、なんて思いました。

そして、熊本城へ。
本丸御殿復元、ということで、かなり観光客でにぎわっていました。
熊大のみなさんが準備してくださったピクニックに合流!
ありがとうございました!!

熊本城見学。その前に、記念に1枚。

天草五橋を横目に眺めつつ、天草へと。。
海に沈む夕日がとても綺麗なのでした。
【2日目】
天草にある、大江天主堂と崎津天主堂へ。
大江天主堂も、崎津天主堂も海に近い、ひっそりと静かな集落の中にありました。
隠れキリシタンの悲しい歴史も背負った建築ですが、
中に入ると清々しく、その一方で、これから観光地となっていくかもしれないことへの
不安を感じずにいられませんでした。
そして、牛深へ!
まずは、牛深ハイヤ大橋に「お~っ。」と、みんな素直に感動。

(筒井くんのハイヤ大橋ベストショット)
自由行動で、牛深ハイヤ大橋とうしぶか海彩館を散策。
牛深ハイヤ大橋のふもとのうしぶか海彩館については、
設計者である内藤廣氏が「白鷺を捕まえるために」という新建築に寄せた文書の中で、
橋とまちをつなげるための、捨て身の建築である、というようなことを述べていました。

みんな、個々に様々な想いを抱いた2日間だったと思います。
運転してくださった、高尾さん、吉岡さん、熊大・増山さん、お疲れ様でした~!
また、行きましょう!

ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE