地域づくりやデザインを

協働するパートナー

景観研究室ではこれまで、風景・地域づくりの様々な知見・経験を積んで、学生達が社会へと巣立ちました。コンサルタントやゼネコン、公務員、研究者として土木の計画や設計に携わる者から土木雑誌の編集者、地域づくりや伝統工芸品のプロデューサー、フリーのデザイナーと、活躍のフィールドは多種多様。その中から、景観研究室が九州を舞台に地域づくりや景観デザインを協働するパートナーをご紹介します。
地域のルーツを再生して、
日本の豊かな風景を残したい。
 「まちを創る仕事がしたい。」都会で育った学生当時の私がぼんやりイメージしていたのは、地域の風景を一変させるような一見華やかに見える再開発でした。
 でもその考え方は、樋口研の門を叩いて以来、180度変わりました。九州の様々な地域のまちづくりプロジェクトに関わり、風景も歴史も資源もヒトも異なる中で、そこに住む人達と“地域らしさ”を悩み、お酒を飲んで本音で語り合い、そして未来を描き行動する、ディープな現場の連続でした。この樋口研での経験と出会いの蓄積が、私が九州で「地域の根っこ」を再生するまちづくり会社を立ち上げた原点です。また今日も九州のどこかに出かけて、“地域の風景を残す”お手伝いに行ってきます。
1
2
3
  • 地域住民と地域らしさを発見し、未来を描く。
  • 歴史的な建物を活用し、まちの風景を残す。
  • できることから行動し、地域の事業を作る。
第4期生 OB
佐藤 直之
株式会社ルーツ・アンド・パートナーズ 代表取締役
まちづくりプロデューサー・プランナー
時代を経ても陳腐化しない
土木デザインを実践する
 樋口先生は木・石・土を巧みに用いて、土木のデザインを実践してきました。土木のデザインは数十年経っても陳腐化しないものづくり。パリの観光といえば、美しい橋が架かるセーヌ川沿いの散策ですが、これは土木のデザインですが、そんな基盤となる風景を日本で作り続けてきました。また近年ではバリアフリー機能をもった木製歩道というグリーンインフラの開発に取り組んでいます。九大の教育プログラムを改編し、学生が実物の石積みや木橋をつくる講義も指導しているといいます。
 そんな先生の研究室から、風景に関わるプランナーやエンジニア、プロデューサー、メディア、研究者など多彩な人材が輩出され、私は多くの人に恵まれ学べました。ここで教わった考え方や情熱を受け継いでものづくりを実践していきたいです。
第7期生 OB
竹林 知樹
竹林知樹スタジオ 代表
ランドスケープアーキテクト
  • 研究室デザインチームとして関わった遠賀川直方の水辺づくり
  • 水と緑による顔づくりを目指した佐賀駅周辺整備基本計画プロポーザル提案
  • 地元・日之影町の石材を再利用した大日止昴小水力発電所
1
2
3