風景と地域づくりの
出会いと発見DIARY
景観研究室は、プロジェクトや研究を通じて、九州各地の風景・地域づくりに取り組んでいます。地域の人達と未来を語り合う、デザインについて現場で喧々諤々議論する、素敵な風景や食文化を見つける、地域の人達との長いお付き合いが始まる…風景・地域づくりの中で、たくさんの出会いや発見、感動が生まれる毎日。そんな景観研究室の日常を、その時々の現役学生の目を通して、お伝えしていきます。
April 28, 2011
プロジェクトゼミ【行事/小川】

新しい年度になり一ヶ月経過しようとしています。
そこで、研究室で関わっているプロジェクトを共有するためプロジェクトゼミを行いました。
少人数の研究室で複数のプロジェクトを進めるにはこのような連携が大変重要になります。

A3の両面にびっしりと書き込まれたプロジェクトの一つ一つについて、ときには模型を使いながら
現状と今後の予定について共有しました。
しっかりとプロジェクト内容を共有した後は、新歓パーティです。
新4年生が配属されてから1ヶ月が経過してようやく開催できました。
高尾さんを中心に皆で用意をします。



料亭さながらの手料理。たいへんおいしくいただきました。


新4年生はワイン係。自己紹介と同時に用意したワインの紹介をしてくれました。
途中、中心人物が包丁で指を切るというアクシデントに見舞われましたが、
研究室メンバーとゆっくりと語り合う有意義な会になったのではないでしょうか。
連携を深め今年度も樋口研は邁進していきます。

April 16, 2011
新4年生です!【行事/小川】

4月も半ばになり、まだあのブログが更新されていないことに気づかれたのではないでしょうか。
そうです。新4年生の紹介です。
配属されてから2週間近く経過してしまいました。。。すみません。。。
今年も例年通り2人の配属です。

平野 哲也君

石井 佳祐君
配属の次の日から瀬ノ下のスタディ用模型を作成してくれています。


早速、樋口研らしさを少し感じられたのではないでしょうか。
今年一年、院試や卒論と忙しいとは思いますが
研究室メンバーとして一緒にがんばって行きましょう!!

April 15, 2011
第58回市民部会【遠賀川/康】

4月13日(水)、遠賀川水辺館で第58回市民部会が開催されました。
今回からは新M1と新四年生が参加することになりました。

前回、第60回記念講演の開催が決まり、今回はさらに詳しい内容について話し合いました。

実行委員長の棟形さんと副委員長の田丸さん。

第60回記念講演
主催: 遠賀川を利活用してまちを元気にする協議会「市民部会」
後援: 直方市役所
会場: 水辺館「めだかホール」
第60回記念講演をこれまでの部会の働きを知っていただく機会とするならば、議論の経緯をまとめたものが必要という意見が多く上がり、九大と実行委員長が議論の上、次回の市民部会までに整理することになりました。
市民部会は市民の団体であるから遠賀川流域全体の諸団体への参加呼びかけを行っていく予定です。
テーマについては色んな意見が出ましたが、まずキャッチフレーズを「ふるさとを残したい」に決めました。
そして、展示については予定通り市民の方々と九大の提供で行う予定です。
次回の市民部会も第60回記念講演の詳細について話したいと思います。
次回部会は5月18日(水)です。
汉语ver.
第58回市民团体会议【远贺川/康】
4月13日(星期三),第58回市民团体会议在远贺川滨水馆举行。
从这期开始,新研一生与新大四生将参加会议。
在前一回的会议上,决定了第60回纪念讲演的举办。这一回将讨论更加详细的内容。
第60回纪念讲演
主办方: 利用远贺川使城镇充满活力的会议“市民团体会议”
赞助方: 直方市政厅
会场 : 滨水馆“MEDAKA大厅”
第60回纪念讲演应成为使更多市民了解这个团体会议的纽带,所以由九大和实行委员长栋形先生整理至今以来会议的经纬。
市民团体会议的主角是全体市民,所以宣传应面向所有远贺川流域的市民团体们。
关于纪念讲演的主题,大家提出了各种意见。总之,宣传口号暂定为“留住我们的家乡”。
还有,关于展览,按照原定计划,展示由市民和九大提供的各种展品。
下一回的市民团体会议也将讨论关于第60回纪念讲演的详细内容。
下一回的会议日期是5月18日(星期三)。
한국어ver.
58회 시민부회 (온가강/강정란)
4월13일(수) 온가강 워터프런트회관에서 58회 시민부회가 열렸습니다.
이번 회의부터 새로운 대학원1학년생과 대학4학년생이 참가하게 되였습니다.
저번 회의에서 60회기념강연이벤트가 결정되여 이번 회의에서는 더욱 상세한 내용에 관하여 토론하였습니다.
제60회 기념강연
주최: 온가강을 활용하여 도시를 흥성시키는 협의회[시민부회]
후원: 노오카타 시청
회장: 원터프런트회관[메다카홀]
60회기념강연을 계기로 더 많은 시민여러분들이 부회에 대하여 요해할수 있도록 지금까지의 부회의 내용과 결론을 정리한 자료를 큐슈대학과 실행위원장인 무네카타씨가 함께 정리하기로 결정하였습니다.
시민부회의 메인은 시민단체이므로 PR상대는 온가강유역의 전체 시민단체로 결정하였습니다.
기념강연의 테마에 관하여 여러가지 의견이 있었지만 우선 캐치프레이즈를 “고향을 남겨두고싶다”로 결정하였습니다.
전시에 관해서는 예정대로 큐슈대학과 시민여러분들이 제공한 전시품을 전시하기로 결정하였습니다.
다음회 시민부회도 60회기념강연의 상세한 내용에 관한 토론이 진행될 것입니다.
다음회 시민부회는 5월18일(수) 입니다.

ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE