風景と地域づくりの
出会いと発見DIARY
景観研究室は、プロジェクトや研究を通じて、九州各地の風景・地域づくりに取り組んでいます。地域の人達と未来を語り合う、デザインについて現場で喧々諤々議論する、素敵な風景や食文化を見つける、地域の人達との長いお付き合いが始まる…風景・地域づくりの中で、たくさんの出会いや発見、感動が生まれる毎日。そんな景観研究室の日常を、その時々の現役学生の目を通して、お伝えしていきます。
October 20, 2015
大島秋祭り【唐津/工士】

10月18日は大島秋祭りが開催されました。

 

毎年春と秋にお祭りがあり、地元の子供たちも含め多くの人で賑わいます。

今回は天気にも恵まれ、一段と盛り上がりました。
餅まきや子供達の太鼓の披露と神輿担ぎ、婦人会の舞など盛りだくさんの内容でした。
お昼には地元の方と一緒に豚汁や焼きそば、おにぎりをおいしくいただきました。
安岡さんから町内の方に向けてのご挨拶の中で、みなと里山の会の紹介もありました。
今まで里山の会の方々と市役所、九大生の十数名で主に竹伐採の活動に取り組んできました。これからは山頂公園を中心に、樹木伐採活動をしていきます。
また九大生も景観研だけではなく、よりたくさんの学生が手伝いに来てくれる予定です。ボランティアで来てくれる九大生に加え、「まちづくり・地域づくり概論」の授業の一環で、毎回20名程度の2年生も参加してくれます。
今度10月25日(日)にある大島の樹木伐採活動には地元の方や九大生に加え、海上技術学校の学生とケーブルテレビのボランティアの方々も参加されるので、とてもたくさんの方での活動になりそうです。
1度この活動で大島に足を運んでくれた人たちが、どのような工夫をしたらまた来たいと思ってもらえるか毎日考えています。今回は大人数になって初めての樹木伐採活動になります。楽しみながら里山づくりができるイベントにできるよう頑張ります!
October 19, 2015
舟甚杯!【ヨット/鮫島】

こんにちは。

 これまでこのブログでいくつかのヨットに関するブログをアップしてまいりましたが、その全てはこの日のためにありました。いよいよ本番のヨットレース「舟甚杯」に参加する日が来たのです。
 この舟甚杯は、唐津市の湊漁港沖で毎年開催されているヨットレースで、湊漁港や唐津ヨットハーバーに船を停泊させている屈強な船乗りたちが一堂に介します。みんみん丸も過去に何度か出走しています。結果はふるわなかったようですが。。。
 今年こそは、ということで過去の反省を生かし、まずは船底の手入れから始めました。研究室メンバーの松浦君やジョンさん春子ちゃんのおかげで、格段に船をスピードアップさせることができました。
 また、頼もしいOBのクルーの皆さんにお忙しい中お集まりいただき、レースの練習を積むこともできました。みんなで実際のレースコースに船を走らせ、本番のイメージや作戦を練り上げてまいりました。
 そして今日、10月18日、いよいよレース本番です。
 今日のみんみん丸のクルーは、樋口先生、石橋さん、宮崎さん、深川さん、鮫島の5人です。
湊漁港にはたくさんの船がレースの準備をしています。今日の出船数は11船。どの船もレースの経験を積んできた強豪たちばかりです。

出船前の船長会議。みんみん丸からは深川さんが参加しています。レースの基本的なルールやコースについての注意や説明が主催者側からなされました。

レース開始は11:00ちょうどです。漁港隅の赤い灯台と、その延長線上の100mほど先に設置されたオレンジのブイがスタートラインいなります。ヨットレースは陸上競技なんかとは違い、スタートラインにみんな並んで一斉にスタート、ということはできません。スタート時間の11:00ちょうどにスタートラインを越えるように船をうまく調整しなければなりませんが、それまでの船の動かし方や場所取りなど、スタート前から熾烈な駆け引きが始まることとなります。

僕たちみんみん丸は、綿密な作戦会議の元、10:59分に船を反転させ、風に乗った状態でスタートを切ることにしました。そのために帆の張り方や船の向きの角度を丁寧に調整しました。

先日の16日に、樋口先生が家族同様ににかわいがっておられた愛犬のゴンタ君が14歳の生涯を終えました。ゴンタ君は海で遊ぶのがとても好きだったようです。船に乗るのは苦手だったみたいですが、このみんみん丸の船体の先にはゴンタ君を模したステッカーが貼られています。今日はそのゴンタ君のメモリアルレースということで、絶対に負けるわけにはいきません。クルー一同気合が入りました。

11:00分、ついにレーススタートです。みんみん丸はとてもいいスタートを切ることができました!スタート時点ではおそらく1、2番手だったでしょう。順調な滑り出しです。

このまま神集島沿いに反時計回りでコースを回ります。神集島を一周し、スタート地点までいかに早く帰ってこられるかの勝負になります。前半の半周は北風を横から受ける形になります。帆を船体の右側に張り出して船を走らせます。

開始15分を経過すると、神集島の島影に入り、先頭集団と後列で差がつき始めました。僕たちみんみん丸は先頭集団に食らいついています。4、5番手争いといったところです。近くの船に風を奪われないように船の位置や風向きを見極めながらコースを走っていきます。

レースも半分を過ぎようとしたあたり、突如後ろから一船が迫ってきました。上の写真がその快速で有名な船、「破天荒」です。ぐんぐんスピードに乗って僕らに追いつき、悔しいですが追い越されてしまいました。レース船には形や大きさなど様々なものがあり、どうしても地力の差は出てしまいます。そのため、スタートダッシュや風の捕まえ方がとても重要になってくるのです。破天荒にここまで追い抜かれなかったのですから、やはり僕らのスタートダッシュはとてもうまく決まっていたのではないでしょうか。

コースも半分を過ぎ、神集島の反対側に回ってきました。この時点ですでに後方集団は遥か彼方で、僕たちみんみん丸はまだ先頭集団に食らいついています。

今度はジブセイルを左側に張り出し風をもらいます。このような帆の向きを変える作業はこれまでの練習で何度も行ってまいりました。今日は右側のジブシートを宮崎さん、石橋さんコンビが担当し、左側のジブシートを深川さんと鮫島が担当しました。僕は基本的に先生や深川さんの指示を受け、その通りに動くということしかできませんでした。本当はクルーの一人一人が風向きを見ながら自分で考えて帆の調整をしなければならないのですが、まだそのレベルには達していません。レースのような真剣勝負の中で、足手まといにならないように動くことしか考えられなかったのは、とても悔しいことでした。

レースも終盤にさしかかり、僕たちみんみん丸は苛烈な5位争いの真っ只中に居ます。右前方を行く二隻の船をここから一気に抜き去りにかかります。そこで、強力な切り札「スピン」の登場です。スピンとは色鮮やかな大きな帆で、ヨットレースの華と言えるでしょう。これをうまく使うことがレースのカギを握ります。

スピンを張り、一番手前の一隻をすぐに追い抜きました!このままもう一隻も追い抜きたいところです。

しかし、ここでスピンが絡まるという不運に見舞われてしまいました。。。なんとか体制を立て直したものの、ゴールラインはもう目の前に迫っています。目の前の船もなんとか僕らに追い抜かされないように、棒を使って大きく帆を張り出しながら必死に順位を守っています。

相手の真後ろに回り込むことで風を奪い、勝負に出ます。深川さんの上手な操舵であと一歩のところまで迫りましたが、力及ばず。

12:15分、全体で6位でのフィニッシュとなりました。

後方集団の船も港に戻ってきて、表彰式が始まります。

先述のように、船には様々な形、大きさがあり、レース前にハンディキャップが設定されています。このハンディによっては順位が大きく入れかわることもあるのです。

そして、いよいよ結果発表です。

なんとみんみん丸はクルーザー部門で準優勝することができました!

もうダメかな、と思っていただけにこの結果はとても嬉しいものでした。表彰式では焼肉やさんまが振舞われ、美味しくいただきました。

宮崎さんと準優勝の文字が刻まれた記念賞品です。

この盾は亡くなったゴンタ君のお墓の横に捧げられることになります。本当に結果が残せてよかったです。

こうして、今年のヨットレースは大満足の結果とともに幕を閉じました。

しかし、ヨットレースとは別に感じたこともあります。それは参加者の平均年齢がとても高いということです。

若い世代で参加していたのは、僕たち九大チームの他に佐賀大の学生が数人といったところでした。このまま高齢化が進めば、段々利用者も減少していくことでしょう。

この大会の主催者舟甚さんは昔から湊漁港で造船業を営んでいます。湊漁港、地域の発展をのためにいつも苦心していらっしゃっていて、

この前はうちの研究室に、造船所横の広大なスペースをもっと港の利用者が増えるためにうまく利用できないかという相談を持ちかけてきてくださいました。

若者がもっと湊漁港を訪れてくれるようになるためには、海のアクティビティに対する関心を高める必要が有ります。この年齢でヨットの奥の深さを知れた者として、また、湊漁港の発展に努める舟甚さんのためにも、何かできることはやっていきたいと感じました。

最後になりましたが、お忙しい中参加してくださった石橋さん、宮崎さん、深川さん、本当にありがとうございました。

また、当日は都合が合わず参加できなかったものの、ヨットの練習に付き合ってくださった伊東さん、牛房さん、平野さんにも深く感謝しております。来年こそは一緒に出場できれば幸いです。

October 18, 2015
コスモスウォーク【佐世保/大瀬】

10月18日(日)

佐世保市の俵ヶ浦半島にて、毎年恒例のコスモスウォークというウォーキングイベントに参加しました。
展海峰では、今が見頃の満開のコスモスが私たち参加者を出迎えてくれました。一面コスモスの絨毯です!
約200人の参加者が晴天のもと、約2時間のコースを歩きました。準備体操で何年かぶりにラジオ体操をしました。地元の方とお話したり、元気に走り回る子供たちをながめたり、綺麗な海の景色、山の景色を堪能したりと、日頃の運動不足解消や心のリフレッシュができました。
コースの途中で、去年先輩方が設置した庵浦トレイルルートのサインの手入れをしました。1年間で、ネジが緩み傾いているサインもありましたが、松浦さんの日曜大工技術で、しっかりした姿に戻りました。
本当にウォーキング日和の1日でした!
October 15, 2015
グリーンインフラシンポジウム1日目【イベント/松浦】

本日は島谷先生率いる流域システム工学研究室主催の
グリーンインフラシンポジウムに参加してきました。
私達も内容がどんなものかは事前に全く知らなかったので非常に楽しみでした。

最初は上西郷川の改修された地域を見学でした。上西郷川は、
島谷先生や林先生が改修事業に携わって、多自然川作りを進めている場所です。

水辺に近付くことができる洪水調整池や丸太の張り出し水制工など水辺に親しみやすい工夫が凝らされていました。
また、川のすぐ近くには幼稚園や小学校があって石でダムをつくったり生き物をとったり遊んでいるようです。

その後移動して、今度は佐賀の松浦川の流域にあるアザメの瀬に到着しました。
ここは10年以上前から自然再生の取り組みが続いており、河川研とは累計120回程ワークショップを行ったそうです。

写真は上池に生息している貝や魚を採集している様子です。
歩いて5分ほどで一回りできそうな池に20cmを越える貝が生息していることは驚きでした。
逆に運が悪かったのか魚の方はあまり取れなかったようでした。

稲作を体験できる小さな水田や雨水を利用したシャワーもあり、
環境学習の場として非常に整っているように感じました。

一通り見学し、夕方にさしかかる頃、糸島市二丈の加茂川へ場所を移しました。
加茂川流域の佐波地域は現在河川研と合同で取り組みを行っている地域です。

棚田の残るとても美しい風景の残る地域なのですが、集落の中を流れる川が護岸で固められており、
暮らしと川が切り離されている状況です。
景観研では現在、まだ手つかずの上流部にある貴重な多数の滝に注目して、
名前を付けたりマップをつくったりして親しみをもって貰おうと考えています。
上の写真は河口部の写真です。今後が非常に楽しみな地域だと思います。

以上、グリーンインフラシンポジウムの一日目の見学の様子でした。
景観や自然といったものは言葉で説明しても上手く伝わりませんが、
直接みることであっさり理解できるのかなと改めて感じました。

October 12, 2015
野崎トレイル検討まちあるき【佐世保/大瀬】

10月11日(日)

前回のWSで決まった佐世保の野崎町トレイルルートを実際に歩き、サイン設置箇所や道が通行可能かを調査するまちあるきをしました。
 
トレイル中の交差点や、分かりにくい道の入り口、見所スポットとの位置関係など、どんな案内のサインが必要かを一箇所ずつ検討しました。そして、そのサイン設置予定箇所に、上の写真のように杭をうっていきました。
野崎町は、田畑、海、山に囲まれた素敵な町です。
歩いていると、道の両脇の石積みに目を引かれました。現在、他の地域のプロジェクトで石について調査しており、景観研のメンバーは、石に興味深々です。最近は、神社に行っても川に行っても、まずは石を見ています!
この石積みは、石の形がひとつひとつ違いますが、とても綺麗に組み合わせて積んであります。石積みの上には、余った石が並んでいました。
野崎町トレイルは、舗装された道もあれば、草をよけながら進むような道もあり、初めて来た人にも楽しんでもらえるトレイルルートだと思います!
今後、取り付けるサインの作成・設置を行い、野崎町トレイルルートを作り上げていきます。
ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE