風景と地域づくりの
出会いと発見DIARY
景観研究室は、プロジェクトや研究を通じて、九州各地の風景・地域づくりに取り組んでいます。地域の人達と未来を語り合う、デザインについて現場で喧々諤々議論する、素敵な風景や食文化を見つける、地域の人達との長いお付き合いが始まる…風景・地域づくりの中で、たくさんの出会いや発見、感動が生まれる毎日。そんな景観研究室の日常を、その時々の現役学生の目を通して、お伝えしていきます。
November 13, 2011
トロッコ倉庫、お披露目【トロッコ倉庫/深川】

工事着工から約6ヶ月かかり、ようやく完成したトロッコ倉庫のお披露目式を行ないました。
昨年の「みなと松原」のお披露目のときと同様に当日は天気に恵まれ、
地元の大島保育園の子供たちや、唐津市の多くの方々にお越し頂きました。

完成して1年半近く経ち、いい感じにエイジングしたプラットホームの上で式を始めました。
まず、私からこの倉庫をつくるに至った経緯、どのようにしてつくることができたか等を簡単に説明させて頂きました。

倉庫をつくりあげるにあたり様々な方にご協力頂きました。
その中でもとりわけ多大なご支援を頂いた東洋建設株式会社さん、株式会社栗原木材工務店さん、市丸建材工業株式会社さん、和信化学工業株式会社さん、大工の中山敏男さんにそのお礼を込めて感謝状をお渡ししました。


プラットホームでの式が終ると倉庫の前に移動し、観音開きの扉にロープをかけ両端から皆さんに引張ってもらい、扉をオープンさせました。
扉を開けると公園のお披露目式以来のトロッコとゴジラが現れ、目を輝かせながらは嬉しそうにその姿を見ていました。



倉庫からそのまま子供たちに乗ってもらい、乗車会を行ないました。
昨年と同じようにトロッコに乗った子供たちは楽しそうにはしゃぎ、笑顔が飛び交っていました。

完成まで大変長い時間がかかってしまい、多くの方にご迷惑をお掛けすることが多々ありましたが、
心暖かな唐津の皆様のおかげで無事に完成することができ、この日を迎えられたことを大変嬉しく思っております。
本当にありがとうございました。
これからはこの倉庫は、トロッコの格納庫としてはもちろんですが、
松原の育樹活動のための作業道具の収納庫にもなります。
この倉庫がみなと松原での賑わいに少しでも役立ち、長く多くの方々に愛され、利用され続けたらと思います。

November 11, 2011
トロッコ倉庫新聞掲載されました【トロッコ倉庫/西村】

5月から建設している
唐津東港のトロッコ倉庫の取り組みが11月10日付けの唐津新聞に
掲載されました。

唐津でみなとまちづくりを引っ張ってくださっている
小島さんが12日に開催される
トロッコ倉庫お披露目式の広報をしてくださいました。

ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE