風景と地域づくりの
出会いと発見DIARY
景観研究室は、プロジェクトや研究を通じて、九州各地の風景・地域づくりに取り組んでいます。地域の人達と未来を語り合う、デザインについて現場で喧々諤々議論する、素敵な風景や食文化を見つける、地域の人達との長いお付き合いが始まる…風景・地域づくりの中で、たくさんの出会いや発見、感動が生まれる毎日。そんな景観研究室の日常を、その時々の現役学生の目を通して、お伝えしていきます。
July 28, 2013
今年も 【ヨット/行徳】

今年も夏がやってきました。
夏といえば、海です。
景観研で海といえば、唐津でのヨットです。

今年度初のヨットはOBの皆さんが来てくださり、宮崎さん、石橋さん、牛房さん、深川さん、先生、行徳の6人で海にでました。
みんみん丸は修理中で、今日はヨットハーバーの館長に舟をお借りしてのセーリングです。

西日本オプティミスト級セーリング選手大会という子どもたちが一人で風を捕まえて操縦するヨットの大会、砂浜でのビーチサッカー大会と唐津の海辺は盛り上がっていました。

まず、先生にヨットの進み方の原理について講習を受け、その後に実際に風を感じながら操縦をしました。
後ろ、横、正面でそれぞれ風の利用の仕方やセイルの出し方が違い、体験しながら少しずつセイリングのコツを掴んでいきました。

途中からは樋口船長から深川船長に変わり、深川船長の指示のもとクルージングを楽しみました。
深川船長は迎い風のぎりぎりを攻めます。

ヨットを楽しんだ後はBBQをして、
久しぶりにお会いした先輩たちと仕事のこと、研究室のこと、プライベートの話をして楽しく過ごしました。
夜は七山神社で開催される夏祭りに参加して、
させぼ港まちづくりスタジオで先輩たちと一緒に活動していた「おりはらけんじ」さんのライブを聞きました。
先輩たちのつながりがうらやましいなと思いつつ、神社の中でのライブを楽しませてもらいました。
今日はヨット、BBQ、夏祭りと1日唐津を満喫しました。
先生、先輩方楽しい休日をありがとうございます。また次回。

ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE