風景と地域づくりの
出会いと発見DIARY
景観研究室は、プロジェクトや研究を通じて、九州各地の風景・地域づくりに取り組んでいます。地域の人達と未来を語り合う、デザインについて現場で喧々諤々議論する、素敵な風景や食文化を見つける、地域の人達との長いお付き合いが始まる…風景・地域づくりの中で、たくさんの出会いや発見、感動が生まれる毎日。そんな景観研究室の日常を、その時々の現役学生の目を通して、お伝えしていきます。
July 17, 2008
第22回市民部会と河川敷のその後【遠賀川/伊東】

第22回「遠賀川を利活用してまちを元気にする市民部会」が行われました。
昨年度までで河川敷の改修がほぼ完了し、「まちを元気にする」舞台は整いました。
今年度は、整備された河川敷を利活用して「まちを元気にする」ために、今後どのような取り組みを行っていくか?について部会参加者の方が中心となって考えて行く予定です。
早速先月行われた第21回市民部会において、部会参加者が主体となって企画・運営するイベント(遠賀川フェスタ)を今年度行うことが決定されました。
遠賀川フェスタのテーマは、「直方の人が楽しめて、直方を大切にするようなもの」「直方のいいところを体験でき、知ることができるもの」「10年、20年先まで続けることを考えて、今年は自分たちでできる範囲の小規模なイベントとし、次第に大きなものにしていく」になりました。
具体的な実行内容(暫定)は、
①直方産の木を使って子供が楽しめるアスレチックをつくる
木の登り方や、木の切り方なども教える
②直方の歴史を紹介する
直方の近代化遺産の写真パネル展
歴史にまつわるクイズ大会
③直方の子供たちが環境について考えた作文や絵画を展示する
直方の高校生主体のファッションショー
④直方と同じ炭鉱の歴史を持つウェールズの歴史やまちづくりについて紹介する
⑤柿の葉すし、石炭を使った料理など直方ならではの食を体験してもらう
上記のような内容を部会参加者が企画し、それにかかるお金の捻出方法も考え、当日の設営も自らで行うという、何ともパワフルな取り組みです。
なお、2008年「遠賀川フェスタ」の開催予定日は10月19日(日)です。
興味のある方は、是非お越しください。
------------------------
市民部会が始まる前に昨年度改修した河川敷を見てきましたので、状況をお知らせします。
まずは左岸の駐車場です。(工事風景は平成19年12月~平成20年3月をご参照ください)

改修前の駐車場を対岸から撮った写真。
切り立った護岸と駐車場を隠すように河畔林が生えていて、ここだけ閉鎖的な印象でした。

改修後の駐車場。
護岸をカットして、川の流れを阻害していた河畔林も切って、開放的な駐車場になりました。
車が少ない時に遠目から見ると、駐車場という印象はほとんどなく、多い時でも連続的な河川敷風景の一部に車が申し訳なさそうに止まっているという印象になって、しめしめです。

改修前の駐車場の水際線。
駐車場に行くにつれて地形が盛り上がって、不連続で異様な地形になっているのが分かると思います。
河畔林が生えていて分かりにくいですが、その下にはコンクリートブロック護岸が隠れていて、水辺に近寄れませんでした。

改修後の水際線。
平成18年に改修した手前(上流側)の芝生の緩傾斜河川敷と連続した地形になっているのが分かります。
護岸をカットし河畔林を切ったことにより、水に触れることができるくらい水辺に近寄れるようになりました。

上流側河川敷から改修前の駐車場を撮った写真。
堤防(左手)から水際(右手)まで駐車場がわが者顔で居座っていました。
上流側と下流側の河川敷が、この駐車場で完全に分断されていました。

河川敷全幅に対する改修後の駐車場幅。
なるべく堤防に駐車場を配置し、川側に芝生スペースをとり、そこに既設の上流側のプロムナードを連続して通しました。
河川敷利用者に川側を通ってもらいたい、歩行者動線と車動線の交差をさせたい、という思いでこのような関係になりました。

堤防上から改修前の駐車場を撮った写真。
上流側の河川敷の地形や川の流れを無視した駐車マスの配置で、ここが川であるということが分かりにくい状況でした。
切り立った護岸であった故に水面も見えませんでした。

改修後の駐車場。
川の流れに沿った形で3列の駐車マスを配置しました。
護岸を切ったことにより、水面が見えるようになりました。

改修後の駐車場の水際を上流側から撮った写真。
中央付近に轍(わだち)が出来つつあります。
やっぱり、人は「水際を歩きたい」という思いを持っていることがこれで分かります。
バリアフリーな公園にするために、最初から緑地の中に無造作にハード舗装を入れ込んだ公園をよく見かけます。
しかし、利用者の行動パターンを熟知せずに整備してしまった場合、その舗装は利用されないただの風景を阻害する要因になってしまう可能性があります。
そうなることを懸念したので、遠賀川では最低限のプロムナード舗装だけをまず整備して、しっかりとした轍ができた後、プロムナードと同様のハード舗装をその轍のラインに合わせ整備する予定です。
続いて右岸です。(右岸の改修前後の変化はhttp://project237.exblog.jp/7577780/をご参照ください)

5月25日に今年のカヌー教室の開校式が行われました。
一昨年(http://project237.exblog.jp/3225010/)に比べて広くなったカヌー乗場になって、新しくできた石積み護岸に座って見物する人、ベンチに立ってカメラを構える人などなど、様々な使われ方がされていて、しめしめです。

僕らも手作りのカッコイイ木のカヌーに乗せてもらって、ちゃっかり楽しんできました。

ウッドウォークも馴染んできました。比較のために2ヶ月前のウッドウォークの写真と、参考までにウッドウォークのデザインスタディの様子を下に載せています。

2ヶ月前の威張り気味なウッドウォーク。

枕木をホームセンターで買ってきて大学の駐車場で、敷間隔を数パターンスタディ。

泥の堆積状況。
川は奥から手前に流れているのですが、やはりこういったところに泥が溜まるんですね。
高水後の掃除の手間が省けるように、なるべく泥が溜まらない設計をしたんですが…
今後も、市民部会の動向と河川敷の利用状況をお知らせします。

July 17, 2008
唐津の打合せ【唐津/筒井】

7月17日(木) @唐津みなと交流センター
梅雨があけ,気温がぐんぐんあがり暑い日が続く今日この頃.
昨年度松苗が植樹された唐津東港の土地に最近芝生が植えられました.
日も経ち,青々としています.

11日に唐津みなとまちづくり懇話会が「地方の元気再生事業」の採択を正式に受けました.
この応募に研究室も関わっており,今日は今後の作業スケジュールや役割分担について主なメンバーだけですが話し合いがもたれました.
詳しい内容については少しずつ勉強させてもらっていますが,観光PRや調査など盛りだくさんのメニューが組まれているようです.

その後まちづくり懇話会の部会である,みなと松原の会が開かれ,
松原の名称や今後設置する松原整備を記念する石碑の話し合いがおこなれました.
松原の様子を定点観測してくださっている方がいたり,付近にお住まいの方も山から松や芝生がみえてよくなったといってくださっている方がいました.
この港がこれからも多くの人に気に入ってもらえる空間になればいいな(していかないといけないな)と思いました.
今日の写真ではないですが,最近日が沈む風景が本当にきれいです.

July 11, 2008
唐津西の浜に木橋を架けるⅡ【唐津/伊東】

直前の日記で紹介した「唐津西の浜に木橋を架ける」をテーマに、今年の1年生のコアセミナー(学科の1年生が学科内の各研究室に3,4人ずつ配属されて、半年間研究みたいなことをする)を実施しました。
現地調査をして、事例調査をして、スケッチを描いて、架橋位置を検討して、線形を検討して、構造を検討して…

最終的に出来上がった成果品模型です。
研究室で考えている橋(直前の日記参照)よりも、何か自由で歩いて楽しそうな橋になっています。
曲がった線形と、水面までの高さ、テラスがポイントですね、筒井君、渡邉さん?

橋の入口にゲートを付けるところが1年生らしい自由な発想で非常に良いと思います。
ゲートがあることで、遠くからでも「あ、あそこに何かある」ということが分かるので、初めてここを訪れた人にとってはありがたいですね。
あと、何と言っても、ベンチが置いてあるテラスがいい感じですね。
水面に近いところをなるべく歩かせて、利用者に「海の上を歩いている」という印象を与えて、海への視界が開けるところにテラスを置くという、玄人的な考えも具現化されていて、ハッとさせられます。

半年間頑張った1年生、TA(ティーチングアシスタント)のM1、模型作成を手伝ったB4、本当にお疲れ様でした。
ちなみに、最終講評会では投票により全44テーマ中、第3位に選ばれました。
おめでとう!

July 9, 2008
唐津西の浜に木橋を架ける【唐津/伊東】

唐津には西の浜という綺麗な砂浜があります。
浜の近くにはヨットハーバーがあり、ヨットスクールに通う子供たちが一生懸命練習する風景を見ることができます。
しかし、ヨットをもっと間近で見るためにヨットハーバーに向って浜を歩くと、小さな川と高い岸壁がヨットハーバーへ続く海辺の道へのアクセスを遮断しています。
そのため、浜からヨットハーバーに行くには一旦海から離れて幹線道路まで戻り、遠回りして行くしかありません。
このような状況の解決策として、西の浜を愛する地域住民の方で組織された「里浜づくり推進協議会」では、アクセスを遮断している小さな川を飛び越えて岸壁の上まで行ける「木橋」を架けようと考えています。
九大は、「木橋」を安く作れて長持ちする橋にするための検討をお手伝いしています。

架橋位置です。
手前が岸壁で、奥が西の浜です。
手前左に行くとヨットハーバーがあります。

最初に考えた橋の模型写真です。
部材の断面寸法の種類をなるべく少なくして、部材の量も必要最小限にしました。
しかし、洪水や潮位変動があるところなので、もっと丈夫な構造にしたほうが良いと考えました。

トラス案です。
縦、横、高さ、全ての方向で耐久性があるのですが、部材の量が多くなり高価になること、橋が目立ちすぎることが問題となりました。

現在の最新案です。(途中の抜けている部分は、ちゃんと橋脚や梁、桁が入ります)
構造は上の2案の折衷案的な感じです。
誰にでも優しい橋にするために、岸壁から4%勾配のスロープで浜辺まで降ろしています。
さらなるコスト削減のため、まちづくりの機運を向上させるために、橋脚、梁、桁までの据え付けを専門業者にお願いして、簡単な床板や手すりの取り付けは住民の手で行おうとしています。

岸壁定着部分。
橋の始まりに少し広めの平場を設けて、橋詰の機能と眺望スペースを確保しています。

スロープ終着部、ボードウォーク始点部。
とりあえず、近々スロープ部分を作って、将来的には少しずつボードウォークを延伸していこうという提案をしています。
一番はじめの写真の奥の方に見えるのが「綺麗な砂浜」で、手前は草が生い茂った湿地みたいになっているので、「湿地をボードウォークで抜けて砂浜まで快適にアクセスできたら最高」という考えです。
この案を「里浜づくり推進協議会」で説明したら、参加者の皆さんから賛同を得ることができ、今後実現に向けて構造とコストの詰めの作業に入ります。

ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE