WORKS

グリーンインフラ で自然の力を受け流す

グリーンインフラを

提案し実装していく取り組み

近年日本各地で起きている集中豪雨による災害や来襲する台風の大型化が地球温暖化のせいなのか…はっきりしたことはよくわかりませんが、自然災害の全てをコンクリートや鋼鉄で作った「ハードインフラ」で防ぎきることは不可能です。
 最近広まっている新しいインフラ整備の概念に「グリーンインフラ」というものがあります。コンクリートに象徴されるこれまでのインフラ(「グレーインフラ」という呼び方があります)の一部を、防風林、防潮林のような自然物で置き換えること、堤防をかさ上げするかわりに遊水地や雨水貯留施設などで洪水を抑制すること、限界に達すると壊れてしまうコンクリート構造物を木造構造物や石像構造物などのより柔軟なものに置き換え自然の力を受け流すこと等々、様々なアプローチが考えられつつあります。
 九大景観研では、地域の皆さんや専門家の方々と一緒に、二酸化炭素排出抑制にもつながる木材や石材の活用を常に考えてきました。今後も新しいアイデアの提案や実装(実際に作ってみること)をどんどん進めていきます。皆さんのまちや地域で「グリーンインフラ」的な取り組みをお考えでしたら、ぜひ一緒にやってみましょう!
Green
唐津東港で続いている植樹活動で誕生した松原。
東港のシンボルとしての役割だけでなく、冬季の強い北風から広場を守る仕事も担っています。立派なグリーンインフラです。
まだ若いですが、20年後には立派な松原となってくれるよう、定期的にボランティアの手で枝打ちや間引き、下草刈などの管理が行われています。

木製ボラードとともに唐津東港のプロムナードに設置された木製ベンチ。自然素材の木材は、同じ自然素材のレンガ舗装や石畳とよく合います。


木製の車止め。唐津東港の耐震補強岸壁に設置されています。荷役作業で邪魔になる時にはフォークリフトで持ち上げて移動することができるようになっています。

俵ヶ浦半島トレイルルート沿いに設置した地域住民手作りのサイン。表面にステインを塗っただけですが、設計次第で5年以上使用できます。すべてをピカピカで高価な品物にするのではなく、「傷んだら自分たちで新しいのと取り替えよう」というのも、一つの考え方です。

唐津城から伸びる人工砂浜「西の浜」に流れる小川を渡るため架設された木製人道橋。すべて地元産の杉材を使用。延長40mの橋は総費用350万円。何でもかんでもコンクリートという先入観を捨てれば、いろんな可能性が広がってきます。

地元産杉材を用いたベンチ。唐津みなとまちづくり懇話会関係者の寄付により毎年数基ずつ設置してきました。背板には寄付した個人や会社の名前、そして製作に参加した九大生の名前が彫られています。

遠賀川の河川敷に設置した木製の注意書きサイン。一見木材が劣化しているように見えますが、周囲の風景と馴染みの良い色に変色しているだけです。設置者は国土交通省。設計は九大景観研です。
芝生広場に完成した遊歩道「線路の小径」を行くトロッコと松ぼっくりゴジラ。乗っているのは地元の保育園の子供達。
この線路は往時の臨港線路を再生したもの。松ぼっくりゴジラとトロッコは九大景観研の学生達が手作りしました。

平成25年島根県で発生した集中豪雨で土砂崩れが発生し、津和野町を走るJR山口線では線路敷きが流出してしまいました。


復旧にはコンクリートブロック積みではなく以前と同じ石積みを採用し、その結果SLが絵になる美しい石積み護岸が完成しました。九州から来てくれた腕の良い石工さんが、歴史的な石積み工法に従って壊れにくい護岸や階段を積んでくれました。
復旧した石積みの上を走るSLやまぐち号

唐津市の浄水場敷地に保管されていた多数の国産御影石の石柱。これらは以前松浦川に架かる橋の部材として使用されていましたが、新しい橋に架け替えられる際に撤去され、以来特段の目的もなくここに保管されていました。

唐津東港の船溜まりにある芝生広場。唐津みなとまちづくり懇話会と九大景観研はこれらの貴重な石材をなんとか再利用する方策を検討し、芝生広場の外周材として活用することにしました。

筑後川瀬下の石積み護岸。内部に遠隔操作のフラップゲートを装備した樋門が収められています。史実に従い、有明海対岸の諫早で採掘される小長井石を使用しています。コンクリートブロックでこの質感・味わいを出すことは不可能です。


遠賀川直方地先の高水敷で採用された石積み護岸。北部九州で採掘されている日田石を使用しています。谷積みとすることで強度を持たせています。