WORKS

多様性のある社会を実現する

バリアフリー

国連が定めた持続可能な開発目標(SDGs)は、これからの社会や地域をデザインするための指標として注目されています。“誰も取り残さない”社会を実現するため、景観研究室では障がい者や各領域の専門家と連携し、インフラや空間づくりに新しい仕組みや技術を取り入れ、これからの時代にふさわしい未来型のバリアフリーを創出します。