WORKS

災害復旧と地域景観の再生・創出は、決してトレードオフの関係ではなく、両立可能です。この仕事はその証拠です。
 島根県津和野町を流れる名賀川(なよしがわ)流域は、平成25年に発生した豪雨災害で甚大な被害を被りました。被災地域の一つ、白井(しろい)地区は川沿いを黒煙を吐きながら進む「SLやまぐち号」の勇姿を撮影できる好スポットとして広く知られていました。「SL応援団(団長:村田隆義氏)」では、地域の人々と鉄道ファンとの交流を通じて過疎化の進む白井地域の活性化に取り組んできましたが、線路も河川護岸ごと寸断されてしまいました。
 災害復旧にあたった島根県では、白井地区についてはできるだけ発災前の風景を再生するとの方針を立て、これを支援するため島谷研と景観研で九州大学支援チームを組織しました。
 県土木事務所と九大チームは、早急な復旧が求められるタイトな事業スケジュールの中で、スケール模型等を用いて地域の方々と具体的な復旧のあり方を協議・調整し、その上で治水と環境が統合した適正な河道形状の導出、被災した頭首工の形状決定等をおこないました。護岸については白井地区で広く見られる野面石積とすることを基本に据えました。
 九大チームではさらに各構造物の構造的・景観的ディテールについてのデザインをおこない、実施設計を担当した(株)大隆設計がそれらの水理的・構造的検討をおこないました。
 建設段階では、地元の施工事業者の努力に加え、石積工事には高い技術力を有する藤本石工、河本石材が九州から参加し、見事な護岸等が築造されました。
 事業継続中の平成26年8月にSLやまぐち号の運行が再開すると、河道レイアウトの適正化で創出された左岸広場を活用して様々なイベントがSL応援団の手で実施されるようになり、今日、周辺は多くのSL鉄道ファンで賑わっています。
 災害復旧で姿をかえた名賀川ですが、多くの関係者の努力の成果が時の力を借りながら当たり前の白井の風景として受け入れられ成熟していくことを願っています。



復旧事業がほぼ完了しSLやまぐち号が久しぶりに白井地区を通過した際の写真。石積が新しく目立っているが、今後時間の経過の中で石材のエージングと植生の回復等により周辺と馴染んでいくことを期待している。

右岸側のJR山口線路床部が流失し線路が垂れ下がっている。


山口線は土石流により完全に寸断され、名賀川の切石積護岸も大部が流失してしまった。

白井の里防災広場から見た今日の名賀川。奥に山口線の白井隧道が見える。河床には大小の石が転がり洲も形成されており、豊かな環境が再生されつつある。


上流から見た改築後の頭首工付近。河道に川なりの礫の堆積が認められ植生の回復も進んでいる。
奥のケヤキは災害を生き残ったもので、樹木医の指導を参考に敢えて残した。