風景と地域づくりの
出会いと発見DIARY
景観研究室は、プロジェクトや研究を通じて、九州各地の風景・地域づくりに取り組んでいます。地域の人達と未来を語り合う、デザインについて現場で喧々諤々議論する、素敵な風景や食文化を見つける、地域の人達との長いお付き合いが始まる…風景・地域づくりの中で、たくさんの出会いや発見、感動が生まれる毎日。そんな景観研究室の日常を、その時々の現役学生の目を通して、お伝えしていきます。
August 24, 2019
大分線路敷プロムナード(仮称)続き

大分の線路敷跡プロムナード、最近は工事が大詰めに入っているので、ほぼ週一で出かけています。今日は昨日撮ってきた写真を中心に進み具合をご報告します。

 

西側入り口に無事ゲートが設置されました。全てレールで作られています。

 

正確な曲げ加工が神業です。注意して探せば、山手線の駅のホーム等でよく似た構造を見つけることができます。もちろん九州にも数多く残っており、旧国鉄時代の貴重な遺産なのですが、今年の春に卒業した日下部君のとても地道な卒論調査の結果、現在は当時の技術が絶えかけていることがわかりました。このゲートではそうした貴重な技術を再現しています。

 

公園側から見るとこんな感じ。右手の土砂と巨石はまもなく「里山」に変身し、ゲート前にある大分市設保育所の子供達の遊び場になります。

 

ほぼ完成した中間地点部分。左から無人運転車坂路、線路デッキ遊歩道、そして石張り階段です。その奥は防災広場を兼ねた公園です。

 

大友館跡公園へのデッキ歩道ルートと眺望デッキへ向かうルートとの分岐点部分。レールが交差する厄介な地点ですが、とても丁寧にデッキ材の取り付けが進められています。

 

さらに西に進むと、大友館跡公園へ続くルート(デッキ部分)と眺望デッキへ続くルート(煉瓦積み擁壁の上)の高低差が大きくなっていきます。

昨日は煉瓦積み擁壁の先の部分に鋼製の眺望デッキ本体の据え付け工事が行われていました。

 

あいにくの雨模様のため、ブルーシートを張った下での作業です。仮組み立ての後で締結ボルトの本締めと半円形アーチの溶接固定が行われていました。この半円形部材もレールを曲げ加工したもの。眺望デッキの高さは3mになります。

 

三箇所あるスクエアベンチもほぼ完成。デッキ材と同じ大分産杉板を張っています。中央の植栽マスにはオリーブの木。日本に初めてオリーブオイルを持ち込んだのはキリスト教伝道のため来日したザビエル等フランシスコ派のポルトガル人宣教師であったと言われています。ザビエルと言えば、大分の武将大友宗麟との交友で有名ですよね。なのでオリーブの木な訳です。

 

スクエアベンチの下地には、ペットボトルのキャップをリサイクルした環境にとっても優しい根太(黒い部分)を使用しています。1立方メートルあたり28万本分ものキャップを使っているんですよ。

 

線路デッキ遊歩道側には、ベンチがスケボーで壊されるのを抑止するための真鍮製スパイクをさりげなく取り付けています。奥には張ったばかりの芝が写っています。

 

線路デッキ遊歩道のスロープ部分には、木製ベンチ(支柱は鋼製)が。約20mおきに配置してあり、ベンチの横には車椅子を利用される方が休憩できるよう広めの空間を設けています。下地の透水性コンクリートの上にデッキ材を貼り込んだら完成です。これももちろん大分産杉材。スロープの勾配は、手動車椅子での上り下りができるだけ楽になるよう2%以下に抑えています。

 

昔懐かしいクレオソート系防腐処理をした杉の電信柱。仮固定するところまで進んでおり、この後基礎コンクリートを打設します。その後電信柱の先端に国鉄の操車場等で使用されていたタイプの照明器具を取り付けます。

 

線路敷跡プロムナードと隣接する民地との境界には、耐久性があり目立たない溶融亜鉛メッキ仕上げの金網フェンスを設置しています。写真はフェンス壁面を緑化するために植えれたアイビー類の苗です。綺麗な緑のカーテンになってくれるといいのですが。

 

眺望デッキとJR九州の高架線路の間には、黒竹の林がほぼ完成。数年すれば地下茎が成長し密な竹林になります。飛び石以外の場所は実際の線路で使用されているバラスト(握り拳大の砕石)で覆います。このバラストは特注で、空気に触れると徐々に錆色に変色していきます。

 

研究室で製作した手作りの標柱も一部設置が終わっていました。いい感じです!

 

今後も随時進捗報告していきます。

 

 

July 23, 2019
昔の鉄道標識を製作しました

大分の線路敷跡で進んでいる公園整備事業についてはこれまでも何度かお話しましたが、木製デッキ歩道の傍に設置する鉄道標識を研究室で製作しました。線路敷であったことを伝えるためのささやかな小道具です。

 

 

 

こんなものをどこかで見かけたことありませんか? 旧国鉄時代のものを参考にデザインと字体をおこし、サイズは少し小ぶりにしてあります。素材は全て木材です。

 

 

 

 

文字も含め、すべて手塗りで仕上げてあります。だから「アジ」があります。支柱の先端のとんがり加工も綺麗にできています。M2の原田君、四年生の木村さん、川藤さん、お疲れ様でした!

July 13, 2019
唐津東港F3前に海辺のデッキを製作してきました

7月10、11日の二日間で、以前紹介したF3の前に木製デッキを製作してきました。14日に開催するF3のオープニングイベントを盛り上げるためです。「こんな素敵な場所に将来できるのなら、お店を出してみようかな」と考えてくださる方が出てくることを期待してのことです。

 

 

まずは、F3の中でデッキのパーツを作っていきます。長さ4m幅1.5mのものを16基も作らないといけませんが、四年生の子達はみんな「プロジェクトものづくり」で木材工作を経験済みなので、テキパキと作業が進んでいきます。材料の杉板材はいつもお世話になっている八女の木材加工会社から無償でいただいたものです。

景観研だけでは手が足りないので島谷先生の研究室から四年生が四人応援に来てくれました。F3ワーキングからも國谷さん、小島さんが参加してくださり、三浦さんは愛情たっぷりの手作りミネストローネスープを差し入れしてくださいました。小島さんのお仲間からも美味しいおにぎりとおかずが到着。

 

 

途中の苦労は省略…して、二日目の午後5時過ぎに無事完成! なかなかの出来栄えです。ムクの木材は、それだけでスゴい存在感があります。

 

 

皆さんお疲れ様でした!

坂部君、鍋島君、中村君、小幡君、木村さん、川藤さん、原田君、本当にありがとう!(九大の学生さんたちです)

無事終わってよかったよかった。

 

 

海から見るとこんな感じです。早く本物のデッキができるといいのですが…今回製作したデッキは14日のイベント専用で、終わったら撤去します(悲)。

天気予報では14日はあいにくの雨なのですが、みんなの熱意が通じてお天気になってくれることを信じています。

July 10, 2019
大分線路敷跡プロムナード(仮称)その後

7月8日、大分の現場にまた行ってきました。工期はあと一ヶ月、工事はガンガン進んでいました。

 

 

東側(大友館公園側)工区。中央のまだ舗装工事に入っていない自動運転車スロープを挟んで、左は線状に造成した「里山」。地形の細かな造成作業はほぼ完了し照葉樹を中心とした植栽の植え込みも済んでいます。右側は本煉瓦積側壁とフラットバーを溶接して製作したオリジナルの手摺。その向こうには「防災広場」が工事中です。

 

 

防災広場の方形ベンチ。基礎部分が完成しており、この上にデッキ材で座面を施工すれば完成です。外周には再利用された路面電車の敷石が設置積みです。中央の植栽升にはすでにオリーブの若木が植え込まれています。

 

 

さらに東に進むと、展望デッキになる2%勾配の杉板張歩道が仕上げの段階に入っています。手摺の支柱部分に杉板材を張り込みフットライト照明を設置すれば完成です。デッキ部分に埋め込んだ古レールもいい感じです。

 

 

展望デッキが盛土から橋梁に切り替わる部分の本煉瓦積擁壁。国鉄時代に広く採用されていたイギリス積を忠実に再現しています。橋台部分の煉瓦の巻き込み、天端の笠石(別大国道を通っていた路面電車の敷石を転用)も、とても丁寧に仕上げられています。左下には鋼製橋脚の基礎が見えます。

 

 

大友館公園ヴィジターセンター付近の植栽。施工担当の造園屋さんの本領発揮で、レイアウトが絶妙です。まだ若木ですが、数年すれば背後のヴィジターセンターを綺麗に目隠ししてくれることでしょう。

西側の工区も順調に進捗しています。来週もまたお邪魔して、細かいところの収まりなどを詰める予定です。

 

 

 

 

June 22, 2019
「第20回虹の松原トライアスロンin唐津」完走!

私事ですが、先週の日曜日に唐津で開催された「虹の松原トライアスロンin唐津」、制限時間内で完走してしまいました。

去年還暦を迎えてから「何か記念にやりたいな」と考えていたのですが、虹トラが今年で20周年と知って思わずエントリーしてしまいました。プールで25m泳ぐたびにゼーゼー…から約三ヶ月、それなりに頑張って練習しました。でもなかなかタイムは良くならず、最後はもう完全に開き直り状態。そのせいだったのか、スタートの合図で海に入った後は我ながらヒジョーに冷静。

 

 

で、前日の低気圧の名残で波も流れもある海でのスイムを終えて浜に上がってみると、ラッキーなことに制限時間数分前でセーフ。次のバイクは少し自信があったので松原の中をガンガン飛ばしてトランジションエリアに滑り込むとまたセーフ。

 

 

 

 

 

最後のランでも心配していたガス欠は起こらず、とっても綺麗な唐津湾の風景を楽しみながら余裕でゴールすることができました。

一人で練習していた時にはわかりませんでしたが、たくさんの「ご同輩」と一緒に走っていると自然に気持ちが乗ってきます。そして先を走る人にチャレンジしたい気持ちが自分を前に進めてくれます。この歳になって初めて知りました。それ以上に大きいのがコース沿いのみなさんからの声援。特に「がんばれー!」と声をかけてくれる知り合いの笑顔は疲れを吹っ飛ばしてくれました。

 

 

「笑顔」はどれも十数年前から唐津東港でのみなとまちづくりを一緒にやってきた仲間です。このレースを20年続けてきてくれたボランティア達です。みなさん最高です! 本当にありがとうございました(上の写真は佐賀新聞2019年06月12日付からのもの。写ってない人もいっぱいいらっしゃいます)。おかげさまで一生忘れられない素晴らしい思い出をいただきました。すでに来年も参加する気になってます。ヨロシク(汗)。

 

 

 

ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE