風景と地域づくりの
出会いと発見DIARY
景観研究室は、プロジェクトや研究を通じて、九州各地の風景・地域づくりに取り組んでいます。地域の人達と未来を語り合う、デザインについて現場で喧々諤々議論する、素敵な風景や食文化を見つける、地域の人達との長いお付き合いが始まる…風景・地域づくりの中で、たくさんの出会いや発見、感動が生まれる毎日。そんな景観研究室の日常を、その時々の現役学生の目を通して、お伝えしていきます。
September 28, 2016
今年もヨットが始まりました![ヨット/大瀬]

こんにちは

修士1年の大瀬です。

9月22日(水)
祝日を利用して、樋口先生のヨットの手入れをお手伝いしました。
景観研の夏の醍醐味といえば、ヨットです!
昨年度は、ヨットレースや花火大会、魚釣りなど、何度か私も乗せていただきました。
しかし今年度は、院試やインターンなどでなかなかメンバーが揃わず、9月中旬にやっと全員(と言っても4人ですが)揃ったので動き始めました。
10月16日(日)には、ヨットレースを控えています。
昨年に引き続き2度目の出場です。
しかし、今年はプロジェクト活動や修論調査と日程が重なってしまったため、学生は参加できせん・・・。
樋口船長と、景観研OBの先輩方が出場されます!
ご健闘をお祈りします!
ヨットに乗り出して3年目の鮫島さん。
セイリングしている様子です。
今日はいい風が吹いていたのと、ガソリンが少なめだったこともあり、
港を出て少ししてから、帆を出し、風の力で進みました。
途中、私が舵を取りました。
海上の漂流物や、漁業用の網などを避けるため、何度か進路方向をしました。
今年も船甚さんの作業場で船の掃除をさせていただきました。
船底には、水に浸かっている部分に藤壺が大量にこびりついていました。
高圧洗浄機で洗い流すと、おもしろいように藤壺が取れていきます。
写真の尾木くんは、真剣な表情ですが、楽しんでやっています。
高圧洗浄機で取れない部分は、専用のヘラでガリガリ取ります。
藤壺が全部取れたところで、水が乾くのを待つ間、しばし休憩。
水が乾いたら、今度は塗料塗りです。
綺麗な直線を描くためにマスキングテープを貼り、ひたすら塗りました。
完成!
鮫島さん、尾木くん、そして私もペンキだらけですが、達成感に溢れています!
船の手入れはなかなかする機会はないので、おもしろい経験でした。
今日の手入れによって、船のスピードも上がったことでしょう。
レースでもきっといい走りを見せてくれると思います。
みなさんお疲れ様でした。
ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE