風景と地域づくりの
出会いと発見DIARY
景観研究室は、プロジェクトや研究を通じて、九州各地の風景・地域づくりに取り組んでいます。地域の人達と未来を語り合う、デザインについて現場で喧々諤々議論する、素敵な風景や食文化を見つける、地域の人達との長いお付き合いが始まる…風景・地域づくりの中で、たくさんの出会いや発見、感動が生まれる毎日。そんな景観研究室の日常を、その時々の現役学生の目を通して、お伝えしていきます。
April 13, 2009
呼子視察【呼子/荒巻】

新しいプロジェクトが始動しました。
「呼子先方地区広場計画」

呼子の港の一番北側。
現在空き地になっているこの場所に直売所が設置されろ事が決定し、
将来、この場所に離島への連絡船を集約しようという計画も上がっています。
この場所からは加部島や呼子大橋が見え、眺めも良好です。
現在の計画では、レストラン(写真奥の建設中の建物)、広場、直売所がばらばらに配置されていますが、
良好な海や呼子大橋、加部島への眺望を確保し、観光客の人たちが利用しやすい空間にするために
広場や直売所、駐車場の配置、広場のアンジュレーションなどの検討を今後行っていきます。
また、渋滞が起きないように車やバスの動線も検討しなければなりません。
6月に施工業者が決定するので、5月中に計画を立ててしまわなければいけません。
早速模型を作って、検討していきます。

ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE