風景と地域づくりの
出会いと発見DIARY
景観研究室は、プロジェクトや研究を通じて、九州各地の風景・地域づくりに取り組んでいます。地域の人達と未来を語り合う、デザインについて現場で喧々諤々議論する、素敵な風景や食文化を見つける、地域の人達との長いお付き合いが始まる…風景・地域づくりの中で、たくさんの出会いや発見、感動が生まれる毎日。そんな景観研究室の日常を、その時々の現役学生の目を通して、お伝えしていきます。
February 28, 2019
フェニックスは残った

本日、港まちづくり懇話会が唐津港の水産会館で開かれました(例会は年に4回開催されます)。いつものように様々な懇話会活動の報告がありましたが、その中でも印象的だったのが、二本の大きなフェニックスのこと。

昭和四十年代から来訪者を迎えてきた旧合同庁舎のシンボルツリーなのですが、新合同庁舎の完成に合せて旧合同庁舎の解体工事の中で伐採されることになっていました。唐津東港の宝物の一つとしてなんとか残せないか、懇話会では昨年の初めから可能性を探ってきました。国有財産であるため、簡単に寄付していただくというわけにはいきません。最後は競売(けいばい)という手続きを経て、懇話会が引き取ることになりました。費用は懇話会メンバー他の寄付で賄います。

海上保安庁唐津海上保安部をはじめ関係者の皆さんのご尽力に、敬意を表したいと思います。旧三菱合資会社建物の移築保存が実現し、この二本のフェニックスが入り口の左右に並ぶことになるといいですね。

 

February 25, 2019
木製ベンチの設置作業

久しぶりのブログです。卒論・修論の発表会が先月の18、19日にありました。四年生の日下部君、佐々木君、藤村君、そして修士二年の尾木君、お疲れ様でした。

さて、今日は唐津に来ています。毎年恒例の木製ベンチの据付工事です。荒巻君、原田君、そして無事卒論発表を終えた日下部君、藤村君に手伝ってもらい、まずはアンカーボルトを打ち込む穴の穿孔作業。レンガは簡単に貫通できるのですが、その下のコンクリート層は硬いので大変です。

あと二基据付ければ、この岸壁ラインのベンチ設置は終わります。新年度中にはゼヒ終わらせたいので、今年も寄付集めに頑張ります。

January 27, 2019
土木学会デザイン賞の授賞式に行ってきました

1月26日、四ツ谷の土木学会で開催された2018年度土木学会デザイン賞の授賞式に行ってきました。

関係者のみなさんを代表して、選考委員長の佐々木葉先生から奨励賞の賞状を頂きました。講評等は以下の学会サイトをご覧ください。

http://design-prize.sakura.ne.jp/archives/result/1070

思い返せばいろいろと苦労がありましたが、この仕事の一番の幸運は、陸閘他の石積構造に使用されていた諫早の小長井石を切り出している丁場(下の写真の石切り場)が残っていたこと、そして、

凄腕の石工、藤本昇さん(株式会社藤本石工@長崎県大村市)が積んでくださったことです。「ダッシュ村」の中でダッシュ島の石積アーチ橋を作った人です。感謝。

また明日から頑張ります。

 

 

January 25, 2019
「唐津のひいな遊び」が開催されます

今年も2月 23日から3月10日まで、唐津市内の旧唐津銀行、旧大島邸などの会場で、「唐津のひいな遊び」が開催されます。「唐津市内の歴史的建物を観て回る+綺麗なお雛様を観て回る」という美味しいイベントです。詳しくはネットで。

January 15, 2019
松ぼっくりゴジラ近況

2010年に小島さんが代表を務める唐津夢バンクからの依頼で景観研が製作した松ぼっくりゴジラ。東港Bゾーンの散策路「線路の小径」でのお披露目以来、いろんな場面で活躍してきましたが、最近は唐津駅員の一人?として日夜駅を利用される人々を見守っています。来年で満10歳になるゴジラ君。古くなった松ぼっくりを新しいものに取り替えたりタイヤを修理したりしながら、これからも末長く頑張ってもらいたいですね。

 

正月飾りで新年を迎えた今年の松ぼっくりゴジラ君。手作りの立派な帽子がよく似合ってます。

 

虹ノ松原トライアスロンin唐津でスタート係を務める松ぼっくりゴジラ君。ゴーグルつけてます。(やつぎ外科内科クリニックさんのHPから画像をお借りしました)

 

糸島の西浦漁港でのイベントに参加した松ぼっくりゴジラ君。

 

天神パサージュ広場でのイベントに参加した松ぼっくりゴジラ君。

 

東唐津港Bゾーンで初登場した松ぼっくりゴジラ君。

 

製作中の松ぼっくりゴジラ君。松ぼっくりは虹の松原で拾ったものです。

 

最後に目を入れる学生たち。

 

内部は強固な木組構造になっています。

ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE