風景と地域づくりの
出会いと発見DIARY
景観研究室は、プロジェクトや研究を通じて、九州各地の風景・地域づくりに取り組んでいます。地域の人達と未来を語り合う、デザインについて現場で喧々諤々議論する、素敵な風景や食文化を見つける、地域の人達との長いお付き合いが始まる…風景・地域づくりの中で、たくさんの出会いや発見、感動が生まれる毎日。そんな景観研究室の日常を、その時々の現役学生の目を通して、お伝えしていきます。
May 14, 2019

F3@唐津東港のロゴ塗装作業

平成14年から続いている唐津港での港まちづくり活動。昨年、二タ子三丁目倉庫の利活用を具体化させるためF3ワーキンググループが立ち上がりました。

尾道の海辺にU2というユニークな施設があるのをご存知ですか? 古い広島県営の倉庫で「上屋2号」と呼ばれていたものをリノベーションし、素敵なレストラン/カフェと雑貨やさん、そしてGiantの自転車店が入っています。「上屋2号」なので「U2」。特筆ものはサイクリスト御用達の小規模なホテル。大事な自転車を部屋に持ち込み壁に飾ることができるようになっています。詳しくは書きませんが、四国に渡る「しまなみ海道」が今や世界のサイクリストの聖地と成っており、世界中から尾道を訪れる自転車愛好家たちがこのホテルを利用するそうで、年間通して70%以上の稼働率とか。

F3ワーキンググループも昨年このU2を見に行きました。そして帰りの車中で「唐津でもできる!」と盛り上がったのです。

まずはネーミング。この際敢えてU2の二番煎じでいこう、ということになり、「二タ子三丁目倉庫」なので「F3」に決まりました。悪くないでしょ? まずはテナントや事業主体になってくれる組織を探さないといけません。今年の7月15日には、サイクルショップやレストラン関係者他をお招きして内覧会的なイベントを実施します。

それに向けて、九大景観研では、二タ子三丁目倉庫改めF3のロゴマークのデザインと同倉庫外壁の大扉の塗装作業を引き受けました。

みなとまちづくり懇話会のメンバーで地元建設会社の社長さんである岩本さんにお願いして、足場を作っていただき、それに上がって先週の金土の二日間で下塗りと仕上げを済ませました。

足場に上ってまずは輪郭線を描き、マスキングテープを貼ってから、アイボリーの文字部分から塗装開始。

 

よく乾いたところで背景のベンガラ色を塗ります。この色は唐津港まちづくりのテーマカラーで、これまでに県営新競り場、製氷施設、水産会館など新設されたほとんどの建物の外壁色に採用してもらっています。唐津焼独特のベンガラ色と、唐津港が石炭積み出しで栄えた時代の建物の煉瓦の色がモチーフです。

 

無事完成! 我ながらなかなかの出来映えです。何かがここで起こりそうな気配がしてきますよね。みなとに入ってくるフェリーやクルーズ船からバッチリ見えます。7月15日にお招きしているお客様達のハートをしっかり捕まえてくれることを祈っています。手伝ってくださった学生さん、そして地元の皆さんに感謝です。

F3@唐津東港のロゴ塗装作業へのコメント

コメントを追加

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お名前
  • メールアドレス
  • コメント*

ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE