風景と地域づくりの
出会いと発見DIARY
景観研究室は、プロジェクトや研究を通じて、九州各地の風景・地域づくりに取り組んでいます。地域の人達と未来を語り合う、デザインについて現場で喧々諤々議論する、素敵な風景や食文化を見つける、地域の人達との長いお付き合いが始まる…風景・地域づくりの中で、たくさんの出会いや発見、感動が生まれる毎日。そんな景観研究室の日常を、その時々の現役学生の目を通して、お伝えしていきます。
December 2, 2018

ホームページが新しくなりました!

OB、OGの皆さん、各地のプロジェクトでお世話になった皆さん、現在お世話になっている皆さん、そして九大景観研に関心をお持ちの皆さん、お久しぶりです。

研究室の20周年(!)を機に、ホームページを刷新することにしたのですが、ぐずぐずしているうちに年末になってしまってのお披露目となってしまいました。

以下が新しいホームページのアドレスです(OBの佐藤君にいろいろ無理をお願いして製作していただきました。感謝)。

http://kyudai-keikan.net/

これまでずっと掲げてきた「社会基盤における景観デザインの可能性の模索」に加えて、「九州各地の観光まちづくりのお手伝い」、そして「グリーンインフラシフトへの貢献」という研究室の新しい二大テーマを前に出し、大学の参加・支援を希望しておられる地域の方々、市町村の首長さん、担当行政マンの方々と、九大景観研とを繋ぐメディア(手段、媒体)にしたいと考えています。

ブログの方(このHPからアクセスできます)も昨年の新四年生の紹介記事以来ストップしていましたが、今日からできるだけマメに、「ほぼ日刊」を目指して日々の「ログ」を書いていきたいと思います。

(「ログ」とは、履歴、情報記録に残すこと。また、その記録自体を指す。特に無線局での交信記録や電子掲示板でのログなどに用いられる。元々は航海日誌の意味(僕好み!)であり、語源は「丸太」をに流して速さを測ったことから。「WebにLogする」のウェブログ (weblog) をブログ(Blog)と略称する。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

筑後川水天宮前の河川敷にてOB/OGたちと。背後の石積み護岸と樋門は今年の土木学会デザイン賞奨励賞に選ばれました。当時一緒にデザインを頑張ってくれた皆さん、よかったね!

ホームページが新しくなりました!へのコメント

コメントを追加

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お名前
  • メールアドレス
  • コメント*

ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE