風景と地域づくりの
出会いと発見DIARY
景観研究室は、プロジェクトや研究を通じて、九州各地の風景・地域づくりに取り組んでいます。地域の人達と未来を語り合う、デザインについて現場で喧々諤々議論する、素敵な風景や食文化を見つける、地域の人達との長いお付き合いが始まる…風景・地域づくりの中で、たくさんの出会いや発見、感動が生まれる毎日。そんな景観研究室の日常を、その時々の現役学生の目を通して、お伝えしていきます。
April 13, 2017

新入生がやってきました【研究室の日常/尾木】

こんにちは, 修士1年となりました尾木です.

今年度も引き続きよろしくお願い致します.
4月は出会いの時期, 今年も景観研究室に新入生がやってきました.

左が森崎慎也くん, 右が原田大史くんです.

彼らは景観研究室が担当する講義であるプロジェクトまちづくりに積極的に取り組んでいた学生です.


こんにちは。森崎です。これから始まる研究室生活に不安いっぱいですが、一生懸命やり切ろうと思います。
温かく見守ってください。

はじめまして。今年度から景観研究室に配属になりました原田でございます。よろしくお願いします。


新たなメンバーともに今年度もよろしくお願いします。
新入生がやってきました【研究室の日常/尾木】へのコメント

コメントを追加

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お名前
  • メールアドレス
  • コメント*

ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE