風景と地域づくりの
出会いと発見DIARY
景観研究室は、プロジェクトや研究を通じて、九州各地の風景・地域づくりに取り組んでいます。地域の人達と未来を語り合う、デザインについて現場で喧々諤々議論する、素敵な風景や食文化を見つける、地域の人達との長いお付き合いが始まる…風景・地域づくりの中で、たくさんの出会いや発見、感動が生まれる毎日。そんな景観研究室の日常を、その時々の現役学生の目を通して、お伝えしていきます。
September 13, 2011

瓦葺き②【トロッコ倉庫/深川】



昨日の最後に行なった葺き土の側面に、漆喰を塗り固めます。
瓦の漆喰には白漆喰か黒漆喰のいずれかが使用されますが、
今回は黒漆喰を用いました。

写真中央前にあるのが巴瓦、その奥の2枚がのし瓦です。

棟瓦(のし瓦、冠瓦、巴瓦、鬼瓦)は漆喰と針金を用いて固定しています。
のし瓦を4段積み重ね、その上に冠瓦を乗せ、「5段積み」の棟瓦となります。

のし瓦の上に漆喰を詰め、次の段を葺いていきます。
時間の都合上、今日の作業はのし瓦を2段積んだところで終了しました。
明日でひとまず、瓦を葺き終わります。

瓦葺き②【トロッコ倉庫/深川】へのコメント

コメントを追加

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • お名前
  • メールアドレス
  • コメント*

ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE